フジテレビが「放送法違反ではない」と反論

この度、ネット上などで問題として取り上げられていた外国人持ち株比率が20%を超えることによる放送法違反の疑いに対して、フジテレビが全面否定しました。

その理由としては、外国人株主の議決権比率が20%未満であることが定められているが、それは議決権を有する株主の比率制限であるので、外国人株価保有率が20%を超えても議決権を有する株主の割合は20%に満たないため、放送法違反ではないということなのです。

つまりフジテレビ側が言いたいのは、外国人株価保有率は20%を超えているが、議決権を有する株主は20%を超えてないということです。しかし証拠がない今はなんとも言えませんね。

ただフジテレビ側としても放送権を失うことは絶対にあってはならないことのはずなので、さすがに隠れて違反というリスクを抱えてまで韓流放送などをしているといことは考えづらいとは思います。

とにかく最近話題の絶えないフジテレビ騒動。いったいどのように収束していくのか今後も注目したいところです。

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ