紳助「アゴ」扱い

痴漢取り調べに対して訴訟暴力団関係者との親密な関係が発覚し、芸能界を引退した島田紳助さんですが、やはり紳助さんの存在は大きく、空いた穴を埋めるためにテレビ局が対応に追われている状況です。

テレビ局にとっては非常に迷惑な引退だったわけですが、若手芸人たちにとってはそうでもないようなんです。

もちろん紳助さんに可愛がってもらっていた芸人たちにとっては残念なことですが、多くの若手芸人にとってはそうでもなく、むしろ面倒くさい先輩がいなくなってホッとしている芸人も多いそうです。

確かに紳助さんはネット上ではかなり叩かれたりしていて、一般人にとっては好みが分かれる所だと思います。しかし若手芸人にとっては目標となるような存在なんだと思いきや、そうでもなかったということですね。

よしもとの劇場の楽屋などでテレビを観ていて紳助さんが出てきたりすると、「アゴがまたテレビに出てるよ」「こんなつまんない奴の番組なんか観るな、すぐにチャンネルを変えろ!」などという言葉出てくるほどです。

あれだけの人物が裏では”アゴ”扱いされてたなんて、驚きですよね。

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


このページの先頭へ